うおずみ動物病院

福岡県筑紫野市二日市の犬・猫・うさぎ・ハムスターを日曜・祝日も診察する動物病院です

TEL.092-925-1105

〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央3-1-8

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症について書きます。
子宮蓄膿症とは子宮に膿が溜まる病気で、
避妊手術をしていない雌犬・雌猫がかかる病気です。
犬においては発情後8週間前後に症状をしめすケースが多いです。
症状のポイントとしては
・元気がない
・水を飲む量が増える。尿の量が増える。
・陰部からオリモノのようなものがでる。
・お腹が膨れる。
・嘔吐・下痢      など
レントゲンや超音波検査で子宮の大きさや子宮の液体の貯留で
確認できます。
治療としては外科的に卵巣と子宮を摘出ですが、
病態が進行していると外科手術のリスクが高くなり、
腎臓が悪くなったり、血液を通って全身に細菌が回ったり
血管に血栓ができ血液がうまく流れなくなったりして死に
至るケースもありますので、上記の症状がある場合は
はやめの受診をおすすめします。
また、避妊手術を行うことでこのような病気は予防できます。
繁殖を希望されないのであれば早めの避妊手術もおすすめしています。
しかし、避妊をすると女性ホルモンの分泌バランスがくずれるので
体質的に太りやすくなる子もいるのでや体重管理が必要になる場合もあります。

左の写真 膿が貯留してパンパンになった子宮
右の写真 子宮の中から膿が出ている写真

日曜・祝日診察 往診 ペットホテル
福岡県筑紫野市二日市 うおずみ動物病院

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>